スポンサードリンク
Home >> ひよっこ >> ひよっこ、豊子はなぜ立てこもったの?就職に影響は?
Page: 2/749  << >>

ひよっこ、豊子はなぜ立てこもったの?就職に影響は?

JUGEMテーマ:ひよっこ

 


集団就職で、ドキドキしながら東京に来て、仕事にもなかなか慣れなくて、やっとのことで仕事にも東京での生活にも慣れてきたみね子達だったのに。

そのささやかな幸せを、「倒産」という現実が、木っ端微塵に壊そうとしています。

再就職先も決まって、まずはホッとしているわけですが、みんな心の中では納得できない気持ちが渦巻いているでしょう。

だけど、誰ひとりとして文句を言わないのは、周りの大人達、松下さんや愛子さん、それに食堂の和夫さんが、愛情たっぷりに接してくれていたから。

ドラマだから、と言ってしまえばそれまでですが、トランジスタラジオ生産という、当時にしたら最先端の仕事を担う工場なのに、ひとりひとりの個性や人格を大切にしてくれる会社なんて、今やどこにも見当たりません。

まあ、理想なのはわかっていても、その温かさに毎回涙してしまいますよね。

倒産が決まってからのみね子たちの行動は、諦めではなく、ただただ「現実を受け止める」覚悟の上で「淡々と毎日の生活を頑張る」という潔さ。

ちょっぴり冒険もしたり、笑ったり泣いたり。

まさに「生きている」っていう証拠を残そうとでもするかのようでした。

優子が田舎に帰る日、最後の合唱をするのですが、本当に乙女たちのきれいな歌声と涙に、なんだか日常さえも疎かにしがちな自分の心が、浄化されるような気にさえなりましたよ。

 

合唱-ひよっこの感想

直後の雄大先生から幸子への「結婚してください」というプロポーズも素敵だったなー。

これは、優子の幸子への最後の友情の証なんですよね。

しかし、いちいちプロポーズの言葉に茶々を入れる澄子には笑ってしまいました。

幼くして人生の現実を突きつけられた澄子は、やっぱり一番現実的なんですね。

逆に、常に沈着冷静なはずの豊子が、周りもびっくりするくらいの「やったー」っていう声を出したのは意外でした。

本当はロマンチストで、仲間意識も強い子なんだと思います。

 

スポンサードリンク

 


それと、今まで突っ張って生きてきたけど、この寮では年も若いし、みんな妹のように可愛がってくれるから、澄子と張り合って怒られることさえ、嬉しかったのでしょう。

となると、突然の豊子の立てこもりも理解できる気もするのですが・・・

きっと、自分の好きなものを奪いに来た男たちの姿を見て、カーっと頭に血が上ってしまったのかな?

優秀で真面目な子ほど、わがままを封印しているところがあるから、一度爆発してしまうとたちが悪いかも。

まあ、豊子の立てこもりは、今のところ鍵をかけて誰も入れなくしているだけで、どこか「可愛らしさ」も感じるのですが・・・

みね子たちと愛子さんがどう説得するのか?気になります。

せっかく決まった再就職が駄目になることだけは、ありませんように。

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:ひよっこ
Home >> ひよっこ >> すずふり亭のビーコロが美味しそう!中華料理店女将役は朝ドラ登場32年ぶりの・・・

すずふり亭のビーコロが美味しそう!中華料理店女将役は朝ドラ登場32年ぶりの・・・

JUGEMテーマ:ひよっこ

 


ついに、みね子が「すずふり亭」に行きました。

お母さんに作ってもらった取っておきのブラウスを着て、ちょっと誇らしげに、でもちょっと不安げに電車に乗っているみね子。

それにしても、すずふり亭のみなさんは、いつも温かく谷田部家の人たちを迎えてくれますね。

お父さんが初めて恐る恐るお店に入った時、お母さんの美代子さんが実さんを探して心細い思いでたどり着いた時、そして、今度は娘のみね子が挨拶に行くのですが・・・

もう、すでに自分の孫のような優しさと親しさで迎えてくれる女主人。

宮本信子さんと有村架純さんと言えば、「あまちゃん」を見ていた人にとっては、「仲の悪い母と娘」いうイメージがありますから、こうやって穏やかに優しく会話しているふたりを観ているだけで涙が出る、という方も。

 

NHK連続テレビ小説あまちゃん完全シナリオ集(第1部) [ 宮藤官九郎 ]

確かに、故郷を出る前の若い春子は、何かと言えば突っかかっていてイライラしてましたからね。

母親である夏ばっばも、留守がちの父親に変わって厳しく育てていたので、優しくなんてできなかったんだろうな、と思うと感無量です。

あっ、「ひよっこ」に戻ります。(^_^;)

そんな春子とは違い、純真無垢なみね子は、すずふり亭に行ったらお給料から自分で出せる範囲で食事をする、と決めていたんですね。

しかし、少ないお給料から仕送りまでしているので、せいぜい出せるお金は50円くらい。

すずふり亭で一番高いビーフシチューは500円だし、お父さんが食べてハヤシライスですら220円なので食べられません。

佐々木蔵之介さん扮するシェフは「お金は気にしなくても」と言ってくれたんだけど、「どうしても自分の稼いだお金で」という気持ちを尊重したい女将の気持ちをくんで、フロアー係の佐藤仁美さんが粋なはからいを。

 



ビーコロと呼ばれるビーフコロッケは単品価格でメニューに載っていたのです。

しかも60円と、ちょっと奮発すればみね子にも払える金額。

「これにすれば?」という助言に従って注文すると、ちゃんと付け合せ付きの一品料理として出してくれました。

多分、普通は2個セットくらいで注文されるものなんだろうけど、お皿の上のコロッケは1個と言えども存在感たっぷりで、「何だこれ。うめー!」と一口食べたみね子にとっては、今までで食べた最高のごちそうだったのでしょう。

もう、すずふり亭の方たちの気持ちとみね子の「自分で稼いだお金で美味しいものを食べられた」という満足感が、画面中にあふれていて、こちらまで幸せな気分になりましたよ。

 

スポンサードリンク

 


これが、本来のお金の使い方なんじゃないか?とまで思い、節約と言いながらも意外と無駄遣いしている自分が恥ずかしくなりました。

で、休憩時間に、キャバレーに行くなんてけしからん話題で盛り上がっていた「鈴ふり亭」裏の中華料理屋店主たちの前に、いかにも亭主を尻に敷いてそうな女将さんが現れましたよね。

元サッカー選手中山雅史さんの奥さん、生田智子さんでした。

びっくりです。

もともと女優さんですが、最近はバラエティ番組に少し出られる程度で、旦那さんのサポートをされていますよね。

なんと、朝ドラは「澪つくし」以来32年振りの登場だそうです。

これからちょくちょく出てこられるのでしょうか?

あの役にしたらきれい過ぎる奥様ですけど、怖そうな雰囲気を出していたのはさすがです。

すずふり亭の見習いコックである前田秀俊役の磯村勇斗さんにも注目したいなー。

実さんのことを必死に探してくれている綿引巡査(竜星涼さん)にも匹敵するくらいイケメンで真面目な好青年っていう感じ。

もしかして、みねこを巡って恋のライバルに?なんて、おばちゃんらしい予想をしてしまいましたが・・・

これから楽しみですね。
 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:ひよっこ
Home >> ひよっこ >> ひよっこ、森雅之さんって?米屋の娘(伊藤沙莉)がなぜパン派?

ひよっこ、森雅之さんって?米屋の娘(伊藤沙莉)がなぜパン派?

JUGEMテーマ:ひよっこ

 


みね子が、ようやくラインを止めないでノーミスで作業をクリアした次の日がお休みだなんて、なんだか「頑張ったご褒美」みたいですね。

みね子だけでなく、澄子も頑張ったし、何より同室のメンバーのサポートがあってこそ。

だから余計、心弾む休日になったんだと思います。

体の弱い優子は、一週間の疲れが出て休んでいましたが、それでも大したことないみたいで良かった。

きっと、自分の体のことをわかっていて、大事に至らないうちに休んでいるのでしょう。

それぞれの休みの過ごし方も個性的で、幸子の「恋人とデート」以外は、身につまされるようなシーンもありました。

まあ、幸子も、いろいろ悔しい思いもしてきたみたいだから、今の幸せがあるんだなー、と思うと、応援したくなりますけどね。

それにしても、あのマイペースこの上ない澄子が、家では朝から晩までこき使われていて、挙句の果てに、新しいお母さんが来たら、お父さんから厄介者扱いされていたなんて。

それだけ苦労していたからこそ、鈍感な感じを装っているのでしょう。

多分、人一倍デリケートなところもあるんだと思いますよ。

「休日は思いっきり寝ていたい」という可愛い願望も、みね子じゃないけど、「うんうん。ゆっくり寝てね」と。

豊子も、「やっと隠れてじゃなくて堂々と明るいところで勉強ができる」なんて、もう今の子どもに聞かせてあげたいくらい。

みんな健気ですよね。

時子も、女優への足がかりを掴むため、テレビ局などを視察するみたいだし、みね子は父親探しのために「すずふり亭」へ。

もう、お母さんになったようなつもりで、愛子さんみたいに「頑張れ!」とつぶやいてしまいます。

 

スポンサードリンク

 


で、その愛子さんですが、お墓参りに行くのですが、そのお墓は戦争で亡くなった婚約者が眠っている、ということ。

なんとなく、サラッと言っていましたが、本当にいろいろ苦労し、悲しみを乗り越えてきた女性なんですね。

40代だと思うけど、まだ若いんだから、これから幸せになってもらいたいと思います。

その亡くなった恋人が似ていたという、森雅之さんは、お名前だけはお聞きしたことある、というくらいで存じ上げなかったのですが、黒澤明監督「羅生門」や溝口健二監督「雨月物語」などに出演されていた、ニヒルな二枚目という感じの方です。

「羅生門」はテレビで見たことあるけど、あのとてもハンサムでキリッとした孤独が似合うタイプの俳優さんだったのかな?と。

とすると、愛子さんは、とっても趣味が良い女性ということになりますね。

お二人はとても愛し合っていたんだろうなー、と思うと、また泣けてきて・・・

そんな気持ちにふけっていたら、みんなが「三男はどうしているの?」というリクエストにお答えするような形で、三男が勤める米店の様子が。

なんと、従業員はひとりなんですね。

意地悪な先輩も居ないし、娘さんも愛想は無いけど悪い人では無さそうだし、社長さんも良い人そう、と安心していたら・・・

食事の席が修羅場でした。

「三男、張り切って働いているな〜」と思っていたら、真面目に働いているということもあるのですが、食事を一緒に取りたくなかったんですね。

しかし、米店の娘がパン食派だったとは!

 

 

 

パン屋-ひよっこの感想

そりゃあ、親子で仲違いするでしょうけど、いちいち三男が間に立たされるのは辛いですね。

米屋の娘、安部さおりを演じるのは、伊藤沙莉さんで、子役からデビューされたということなので、キャリアも長い実力派と言えるでしょう。

三男こと泉澤祐希くんと同じ歳ということなので、今後もふたりの台詞のからみにも注目したいです。

あんなに食事を美味しそうに食べていた三男が、食事でピンチに立たされるとは。

なんともお気の毒な気がします。

頑張れ!三男。

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:ひよっこ
スポンサードリンク

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode