スポンサードリンク
Home >> ひよっこ >> ひよっこ、つにいみね子が東京へ!奥茨城村ってどこ?

ひよっこ、つにいみね子が東京へ!奥茨城村ってどこ?

JUGEMテーマ:ひよっこ

 


今日は「ひよっこ」の放送は無い日ですが、明日に向けてのおさらいという意味で書きますね。

ひよっこって、良い意味で朝ドラらしいというか、心温まるどらまだなぁ、と思います。

それは、「奥茨城村」という田舎の田園風景がそうさせる、というのもあります。

この間も書きましたが、特に稲刈りのシーンは、映画の一コマのようなはたまた絵画を見ているような、叙情的な雰囲気がありました。

農業という仕事は、本当に人間本来の「働く姿」だと思いますね。

土に親しむなんて、今では子どもですらなかなかできない地域もあるほどで、なんだか寂しさまで感じてしまいますから。

そんな環境で思春期まで過ごしたみね子が、いよいよ東京に行くのか?と思うと、心配で心配で・・・

まあ、東北とか北海道など、もっと遠い地方からも集団就職で来た人たちも多かった、ということを考えれば、まだ近い方なのでしょうが。

その「奥茨城村」ですが、もちろん架空の村名です。

 

茨城のキャラクター-ひよっこの感想

ロケ地から考えると、茨城県高萩市、久慈郡大子町、常陸太田市などと言われていますが、「福島に近い山間の村」という設定なんですよね。

そう考えると、当時東京がいかに都会で、距離的にも遠かったのか?がわかります。

しかも、みね子は東京が嫌いと言っていたくらいですから、よく決心したな、と。

「お父ちゃんがお正月に帰ってこなかったら」という前提がありましたが、次週予告ではみね子がいつものバスに乗って旅立つシーンがあったので、残念ながら帰って来なかった、ということですよね。

本当に実さんは失踪してしまったのかな?

もしかしたら、何者かに連れて行かれたんじゃないか?と思うんですけど。

それは、これから明らかになるのでしょうか?

そう言えば、先週の放送では、ついにみね子の妹ちよ子が、東京で実を探してくれている警察官の綿引(竜星涼)からの手紙を見て、お父さんの失踪を知るんでしたよね。

ちよ子役の宮原和(みやはらかなう)ちゃんが、ちょうど反抗期に差し掛かる女の子をうまく演じていますが、後先考えずにバスに乗って東京に行こうとするなんて、もしかしたらお姉ちゃんより行動力があるかも。

というか、そこが長女と次女の違いなのかな?

お父さんが居なくなっていたということにもショックを受けたけど、自分と進だけがその事実を知らされてなかったことに行きどころのない怒りを覚えたのでしょう。

バスの車掌さんが次郎さんじゃなかったら、きっとそのまま駅まで行ってしまっていたかもしれません。

次郎さんは、お母さんの美代子さんが内緒で東京に行く時には、空気が読めなくてみね子に悟られてしまいましたが、今回はお手柄でした。

こういった濃い人間関係って、煩わしいこともあるけど、やっぱり大切なんだと思う瞬間です。

まあ、この出来事もみね子の決心を後押ししたのでしょうね。

 

スポンサードリンク

 


うーん、本当は、実さんが出稼ぎに行って、あんな劣悪な環境で肉体労働をしているだけでもやるせないのに、今度は働き手があんなに華奢で気持ちもピュアなみね子になるなんて。

もう、「雇ってくれる会社の社長さんが良い人でありますように」とまで願ってしまいます。

「朝ドラに悪い人は出てこない」という言葉を信じましょう。

なんとなく、「あまちゃん」も見ていた私としては、「東京に行ってアイドルになる」という春子と重なってしまい部分もあるのですが、春子は打たれ強いし動機が違いますから。

それにしても、みね子が東京に行ってしまったら、経済的には少しは楽になるかもしれないけど、農業をするのがおじいちゃんと美代子さん、それに小学生の子どもたちだけになってしまうのは大丈夫なのかな?と勝手に心配してしまいます。

 

 

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:ひよっこ
スポンサードリンク

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode