スポンサードリンク
Home >> べっぴんさん >> べっぴんさん、さくらと健太郎は採用される?京大卒の土田(諸岡)は?

べっぴんさん、さくらと健太郎は採用される?京大卒の土田(諸岡)は?

 


キアリスの入社試験、なんだか思わぬ方向に行きそうですね。

というか、もともとは、女学校時代の仲良し3人組と幼少期から知っていた明美さんの4人で始めた会社なのだから、縁故採用は当たり前なのかと思っていたけど。

まあ、紀夫さんの「縁故採用するには、会社が大きくなりすぎた」というのも一理ありますが・・・

それに、今回はすみれの正論に賛成です。

中西人事部長に頼み込んで、書類選考をパスしたり、最終選考に無理やり入れてもらったり。

そんな不正をするような人材は、いくら優秀であっても要らないというのは、もっともな意見です。

むしろ、自分の子どもを特別扱いしない姿勢に、プロ意識を感じましたけど。

健太郎とさくらに立場に立って考えれば、「まともにぶつかっても取り合ってもらえないから」という理由で、いきなり面接試験を受けて、自分たちの実力をみてもらいたい、いうこともあるのでしょうが。

それなら、お互いの家庭で、もうちょっと話し合えなかったのかな?

健太郎が、子供の頃から家が作業場になっていて、嫌なこともあったけど、キアリスの商品のことも母親の仕事についても敬意を払っていた、ということ。

これって、直接、進路を希望する時に言えなかったのかな?と。

それとも、アメリカに行っていたふたりだからこそ、大胆な手段に出た、ということか?

正直、少し違和感は感じるんですよね。

 

スポンサードリンク

 


やっぱり、さくらちゃんに振り回されているだけ?とは思いたくないのですが、どうしてもそんな感じが拭い去れなくて。

まあ、「自分のやりたいこと」なんて、なかなか見つからないもの。

勉強ができるから、みんなが京大に行けというので目指しただけで、さくらが東京に行くのなら東大に進みたい。

大学に進んでみたら、勉強は楽しかったから、そのままアメリカで勉強を続けてみたけど・・・

 



結局、自分やりたいことって考えた時に、小さい時から見ていた母親の仕事が目の前に広がった、ということなのかもしれません。

そこは、さくらちゃんと完全に考えが一致した点でしょう。

とは言え、主導権はさくらちゃんが握っているのは間違い無しですけどね。

で、結局、最後に残った合格者3人のうち、2人がさくらちゃんと健太郎くんで、もうひとりが、学生の時に洋品店でバイトをしていたアベくんでした。

なら、あの京大卒のちょっとめんどくさそうな土田くんは?

武ちゃんが推してましたけど。

あの土田くん、全然雰囲気は違うけど、「ごちそうさん」で、め以子の長女フクに惚れられる諸岡くん役をされていた中山義紘さんですよね。

諸岡くんのキャラは好きだったなー。

本当に真面目で優しそうで、力強くて。

今回は、京大卒で理屈屋という感じですが、なんと、あの履歴書には、真田幸村への愛が数ページに渡って書かれていたそうですよ。

どんなキャラなのか?非常に興味がありますが。

また、登場してくれないですかね?

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:べっぴんさん
スポンサードリンク

お気に入りサイト

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode