スポンサードリンク
Home >> べっぴんさん >> 明日の「あさイチ!」プレミアムトークは栄輔(松下優也)さん

明日の「あさイチ!」プレミアムトークは栄輔(松下優也)さん

 


みなさん、明日の「あさイチ!」プレミアムトークは栄輔(松下優也)さんですよ!

私もとっても楽しみなんですが、朝から仕事が入っていて、きちんと見られるかどうか心配。

もしかしたら、途中までかも。

今、録画できないからなー、なんて。

すっかり「べっぴんさん」で松下優也さんファンになってしまったんですよ。

特に、さくらちゃんに、お手玉をしてあげるシーンで、お手玉の歌を歌うところで、うっとりしてしまいました。

 

お手玉-べっぴんさんの感想

さくらちゃんの反応が薄かったのが残念でしたが・・・

今はブラック栄輔も、少し軟化してきましたが、オールバックでキリッと決めた栄輔さんもまたカッコイイのですよ。

だけど、今日の潔からエースとオライオンの合併話をすんなり断られてからは、なんか、昔の栄輔さんに戻ったみたいで、「やっぱりアニキはカッコええな」なんて。

それはそれで、キュンキュンしてしまいます。

栄輔は、潔にけんかを売っていたわけではなく、同じ土俵で戦いたかっただけなんでしょうね。

それだけの実力は、努力して付けてきたつもりだし、負ける気はしなかった。

今や、大急での売上も群を抜いていて、勢いからすると、オライオンにはすでに勝っているようにも見えます。

それでも、潔の器の大きさには敵わなかった、ということかな?

さすがに、若者向けの商品を手がけようとした際に、「デザイナーが古臭い」と真っ向から否定された時は、正直かちんと来たはず。

 

スポンサードリンク

 


器の小さい男なら、栄輔のことを「あれだけ世話をしてやったのに、恩知らずなやつだ」と怒って、潰そうとしてくるかもしれません。

だけど、潔の中では、「よくこれだけ成長したもんだ」という嬉しさもあったんですね。

栄輔が、気持ちの上で、潔に負けないようにと、いつもポケットに手を入れていることも、潔にはお見通しだったのかもしれません。

まあ、とにかく、同じ業種ではあるけれど、目指すところが違うということで、合併には至りませんでしたね。

これは、お互いに会社のためにも良かったのでは?と思うのですが、あの玉井が、強い口調で反対していました。

やっぱり、闇市を出た後、あくどいことばかりしていた玉井を、栄輔が救ったみたいで、恩義は感じているのでしょうが、義理人情には疎いというところかな?

一方、さくらは、キアリスでアルバイトを初めて、母親の仕事を少しづつ理解できるようになったようですね。

実際に仕事をしている母親の姿を見たり、理念を目の当たりにすることで、ようやく何かが見え始めるようになったということ。

確かに、いつも家に居ない母親の仕事を理解するというのは、難しいですから。

紀夫が、心配そうに、店の前を行ったり来たりするところが、なんだか可愛くて。

父親って、そんな感じなのかも。

今日の「世界一さくらのことを愛しているのはお母さん」と言うところも、ロマンチストっていう感じで良かったなー。

紀夫は無口だけど、無邪気なところもあって、普通の人が言うとくさいような言葉も、自然に受け止められるんですよね。

その後で、「お父さんもやけどな」って、手で、「このくらいしか違わない」とか言うのも、紀夫さんらしい愛情表現で。

こう考えると、「なんでさくらは、あそこまで反抗したんだろう?」と思うのですが。

若い時の暴走って、とどまるところを知らないんだな、というのがよくわかります。

あっ、プレミアムトークの話から、かなり離れてしまいましたね。

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:べっぴんさん
スポンサードリンク

お気に入りサイト

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode