スポンサードリンク
Home >> とと姉ちゃん >> とと姉ちゃん、鉄郎は結婚してた?新聞社やアカバネ電器との対決は?

とと姉ちゃん、鉄郎は結婚してた?新聞社やアカバネ電器との対決は?

JUGEMテーマ:とと姉ちゃん

 


星野との辛い別れをした常子に、「これでもか?」と襲ってくる様々な問題。

確かに、電器業界にけんかを売っているような雑誌だから、クレームが出ない方がおかしいのですが、そこは、当時の購買意欲と「どの製品が良いのか知りたい」という読者の思いの方が勝っていた、ということでしょうか?

史実では、意外や意外、商品試験で結果が良くなかったメーカーからのクレームは、少なかったということです。

その辺は、徹底した試験内容を公表し、各メーカーに改良点の指南のようなことまでしていたということですから、頷けます。

それに、当時は、メーカー自体もある意味「手探り」での商品開発というようなところもあったのでしょう。

大抵の電化製品は、アメリカの製品をコピーするところから始まったと思うので。

だから、実際に使った人の声、しかもこれだけ大規模に試験した結果というのは、メーカー側にとってもありがたかったのかもしれません。

ただ、新聞記者との対決は、同じようなことがあったのかも。

常に流行っているものや売れているものに対して、裏は無いか?と取材して事実を載せる、というのも新聞記事としての役割ですから、これだけ売れている「あなたの暮らし」がターゲットになっても不思議ではありません。

今は、石丸幹二さん扮する記者は敵で、「あなたの暮らし」をアカバネ電器と共に窮地に追い込む役目?と思ってしまいますよね。

でも、事実を書くということを信念としている本当のジャーナリストなら、ここですべてを晒してしまった方が、週刊誌に書かれた虚偽の記事についての汚名も晴らせる、というもの。

だからこそ、常子は公開試験を決心するのでしょう。

より一層、商品試験を続ける覚悟ができた、ということですね。

覚悟と言えば、アカバネに情報を流していたのは、やはり松永でした。

まあ、実際には、どこの誰ともわからない人に、お金と引き換えに読者モニターの個人情報を流した、ということですが。

今だったら、辞職だけでは済まないですけど。

謝ってはいたけれど、もともと常子の商品試験について「こんなことをするために入社したわけじゃない。編集の仕事がしたいと思っていた」というショッキングな言葉まで吐いて。

ただ、本当に編集の仕事をほとんどさせてもらえずに、毎日ごはんを炊いたり、電球の耐久性を調べたりだけだったら、確かに不満は出るよね、とは思いました。

だからといって、松永の肩を持つつもりはありませんが・・・

そこに気がついたからこそ、常子は、社員全員を集めて「商品試験の仕事について不満は?」と聞いたのでしょうが、この場では、たとえ不満があったとしても言えないだろうな、と。

 

スポンサードリンク

 


その後の、社員が口々に「商品試験が生きがいになっている」という言葉で、常子の今までの苦労は報われるとは思ったのですが、多少違和感はありましたね。

社員みんながそれくらいの堅い意思を持っていないとできない仕事である、ということなんだとは思いますが。

来週からの公開試験で、アカバネとの対決も決着がつくのかな?

個人的には、古田新太さんの悪役ぶりをもうちょっと見たい気はするんですけどね。

で、次回予告では、いよいよ鉄郎おじさんが帰って来ますね!

ネタバレっぽくなってしまいますが、隣に女性が居て、「嫁さん?」というようなことを言っていたので、結婚してたということ?

そうだとしたら、奥さん役の女優さんはどなたなんでしょう?

また、さっと現れて、さっと去っていくのかな?

キッチン森田屋では、大将が南に「店を譲る」とか言ってましたが。

ついに独り立ちということで、美子と結婚という展開?

最終回近くなると、いろんな話の展開のスピードが早くなるので、めまぐるしいですよね。

 

 

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:とと姉ちゃん
スポンサードリンク

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode