スポンサードリンク
Home >> とと姉ちゃん >> とと姉ちゃん、アカバネ電器社長にごまをする電器店店長はラーメンズの片桐仁

とと姉ちゃん、アカバネ電器社長にごまをする電器店店長はラーメンズの片桐仁

JUGEMテーマ:とと姉ちゃん

 


とと姉ちゃん、朝ドラの典型的なパターンとは言え、幸せなシーンが続くと、水を差す出来事が。

今日も、星野さん一家が小橋家を訪れ、せっかくだからと鞠子一家や美子のフィアンセ?南くんまで参加して、和気藹々としたムードで良かったですよね。

何より、日中はいつもひとりで家に居るだろう君子さんが、とても嬉しそうなのが印象的でした。

それに、青葉ちゃんや大樹くん、たまきちゃんとはしゃいでいましたしね。

星野さんと常子の仲を疑う、たまきちゃんの鋭い一言に、常子がどう答えようか悩んでいると・・・

外から家の中に石が投げ込まれてしまいます。

アカバネ電器の嫌がらせが始まったのですが、ここまで、泣き落とし→大金を積む→石を投げる、ととってもわかりやすい作戦なのですが、わかりやすいだけに、なりふり構わずという感じがして不気味です。

社員の身の安全も心配になってくるし、何より、この場に居合わせた子ども達が味わった恐怖。

この子ども達が狙われないとは限らないし・・・と。

どこまでも陰湿な会社です。

ただ、売れていれば媚びを売る人も増えてきて、今日アカバネ社長が訪問していた電器店の店長なんて、ゴマすりといいとこでしたね。

まあ、お腹の中でどう思っているかはわかりませんが・・・

粗悪品だったら、当然、電器店にも苦情は出てきているはずですし。

 

スポンサードリンク

 


ところで、この店長さん、とってもユニークな髪型でどこかでお見かけした?と思ったら、ラーメンズの片桐仁さんでしたね。

「ゲゲゲの女房」では、貧乏神役をされていましたが、ピッタリの役でした。

多摩美出身ということで、芸術分野でも活躍されているんですね。

しかし、この頃は、アカバネ電器だけではなく、粗悪品=日本製と言われていたこともあったそうで。

高度成長期で作れば売れる時代でしたから、「質より量」だったのでしょう。

その後は、メイドインジャパン=良い商品の代名詞となったのは、ちとせ製作所の社長さんのような自分の会社の商品にプライドを持ち、常子のひとことで職人魂に火が着いたような方たちが、一生懸命良い商品づくりをしてきたからでしょう。

とすれば、常子や花山さんの情熱は、日本製品の質の向上に一役も二役もかっていた、ということでしょうか?

お二人共命がけだったんだ、ということがわかります。

もしかしたら、アカバネ電器よりも、もっと悪質な嫌がらせも受けていたのかもしれませんね。

それにしても、星野さんと常子の仲も、この一件で距離を置くことにならないか?心配になってきました。

 

 

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:とと姉ちゃん
スポンサードリンク

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode