スポンサードリンク
Home >> べっぴんさん >> べっぴんさん、ついに栄輔と明美が!ふたりは何歳?
Page: 1/745   >>

べっぴんさん、ついに栄輔と明美が!ふたりは何歳?

 


いやー、良かったよかった。

なんだか、今までで一番感動したかもしれません。

そりゃあ、戦争中はすみれもさんざん苦労してきたし、良子のボロ家での生活も泣けてくるほど。

病気がちですべてに意欲を無くしてしまった君枝も痛々しくて・・・だったんだけど。

どんなに苦労していても、みんなには家族が居たんですよ。

それが、明美には居なかった。

母一人子一人で育ち、重労働から体を壊した母親を亡くしてからはたったひとりで生きてきたんですから。

 

母ひとり子ひとり-べっぴんさんの感想

すみれ達と出会ったのは明美にとってもプラスだったし、すみれにお嬢様特有の偏見は無く、平等にいやそれ以上に、明美には一目置いていた感じだったから、そこは幸せだったのかもしれないけど。

とは言え、何不自由なく育ったがゆえに、貧乏な暮らしをしていた明美の苦労はわからなかったでしょうし、ひとりだけ独身を貫いていた明美にとっては、居づらい部分もあったはず。

そんなこともすべて乗り越えて、「たんたんと」「自分らしく」生きてきたんですよね。

時には辛辣な言い方もするけれど、いつも、みんなのことを気にかけていて、言うべき時にははっきりと意見する。

なかなかできないですよねぇ。

仕事ができる女性って、どうしても「自分が自分が」ってなってしまうけど、はっきりとした物言いをする割には、一歩引いて見守っている、という。

キアリスにとっては、無くてはならない存在でした。

だけど、みんなが引退するって決心した時にも、「あんたらは家族が居るからいいけど、私はこれからどうしたらいいか?」なんて泣き言は一切言わず、ですもんね。

カッコ良すぎるな、と思っていたら。

やっと、最後の最後で、栄輔さんが男らしくプロポーズしてくれましたね。

栄輔も、考えてみたら本当に可哀想な身の上です。

戦争から帰ってきたら、家も工場も両親も妹まですべて居なくなってしまっていたなんて。

やっとのことで、命がけで守るべき母娘(すみれとさくら)を見つけたと思ったら、すみれには全く想いは伝わらず、そうこうしているうちに、紀夫が帰ってきて・・・

挙句の果てに、紀夫にヤキモチを焼かれて殴られそうになったりしてますから。

その頃、潔とも意見の食い違いがあったりで、心機一転やり直すつもりで、歯を食いしばってアメリカで修行してきたのでしょう。

で、エースを立ち上げて、軌道に乗って有名企業の仲間入りをしたり、東京に進出するほど成功したのに。

カドショーの突然の資金打ち切りで、破産宣告。

 

スポンサードリンク

 


もう、一部では、「栄輔が主役でも良かったんじゃない?」と言われるほどに、ヒロイン顔負けの波乱万丈さです。

だけど、ここに来て、やっと自分らしさを取り戻して、潔の懐の深さを再認識し、再びアニキとして慕うようになったし、ファッション評論家としてやり直す決意をしたのは、本当に立派だと思います。

やはり、強い人なんですよね。

だけど、経営者としては、優しすぎたということかな?

そんな栄輔と明美が、第二の人生と一緒にやり直すというのは、とても素敵なこと。

だいたい、「一緒に暮らさないか?」というプロポーズに、「それやったら家建てるわ」 なんていう返事、明美さんにしか言えませんよ。

その答えに、「かいらしなあ」と褒める栄輔さんも素晴らしい。

一体、お二人は今いくつくらいの設定なんだろう?と調べたら、栄輔さん54歳で明美さん50歳だそうです。

今だったら、第二の人生どころか、これから青春くらいの感じでしょうか。

お二人にとってみたら、まさにこれからが青春なのかも。

できれば、もうちょっと早く結ばれてほしかったけど、これでよかったんですよね。

どんな新居ができるのか?期待してしまいますが、果たしてそんなシーンがあるのでしょうか?

 

 

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:べっぴんさん
Home >> べっぴんさん >> キアリス映画は本当にあった?星野真里はあのワンピースの子?

キアリス映画は本当にあった?星野真里はあのワンピースの子?

 


キアリス映画、無事、身内だけの試写会も終えて、みんなの苦労が実った瞬間でしたね。

この映画、実際にファミリアでも作っていたの?と思っていたのですが、史実でも、社員教育用に制作された「あしたのママ」という映画があったそうです。

「ようこそ赤ちゃん」とタイトルも似ていますし、明美のモデルになった大ヶ瀬久子さんが育児の知識を社員に学ばせるために作ったそうなので、これは史実にも基づいていると理解しても良いでしょう。

 

育児ノイローゼ-べっぴんさんの感想

今なら、YouTubeに「赤ちゃんの沐浴の仕方」などを投稿するということもできますが、この時代、まだ8ミリカメラも発売されたばかりの頃ですから、「動く育児書」として、社員教育のみならず、子育て中のお母さんにも好評だったと思います。

「キアリスガイト」も、たくさんのお母さんを助けてきたと思いますが、それを発展させた形ですね。

社員教育という面から考えても、「赤ちゃんと子どものための洋服やグッズを売る店」で働くにあたって、子育てがどんなに大変なものか?赤ちゃんにどう接したら良いのか?を学ぶのは大切なことです。

本当に、すみれ(モデルになった坂野惇子さん)はアイデアの宝庫だったんだなあ、と思いますね。

 

スポンサードリンク

 


ただ、この映画の中で、「抱き癖がつくので、赤ちゃんがぐずってもすぐには抱かないようにしてください」という部分があり、ネットで波紋を呼んでいます。

「いやいや、それは昔の考えで、今はむしろ積極的に抱っこした方が良いと言われてるから」という意見と、「やっぱり抱き癖ってつくのよ」という肯定派に分かれているようですが・・・

総じて、年配の子育て経験者の方に肯定派が多いのは、多分、そうやって教えられたからでしょう。

私は、ちょうど過度期で、「常識では抱き癖がつくって言われているけど、お母さんの判断で、抱っこしてあげた方が良いと思ったら積極的にしてあげましょう」なんていうどっち付かずな感じでした。

なので、あるお母さんは、独立精神旺盛な子にするために、赤ちゃんの時からひとりで寝かせていたり、極力抱っこしない方も。

私はといえば、結構おおきくなるまで川の字で寝ていたし、泣くと抱っこしていましたね。

いや、泣かなくてもしていたかも。

まあ、育児はそれぞれの考え方で良い部分も多いのだけれど、どれが正解か?って考えてしまいます。

とりあえず、「この時代はそう言われていたのね」と解釈してますけど。

あっ、次週予告で星野真里さんが登場されていますね。

台詞から思うに、あの「ベビーショップあさや」開店時にショーウインドウに飾ってあったワンピースを、何度も見に来ていて、小学校の入学祝にプレゼントされた女の子が星野さんなのかな?と。

「その後どうしているのかな?」とみんなが思っていたでしょうから、どんな女性に成長したのか?気になりますね。

 

 

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:べっぴんさん
Home >> べっぴんさん >> べっぴんさん、栄輔と明美は結ばれない?健太郎の気持ちに変化が?

べっぴんさん、栄輔と明美は結ばれない?健太郎の気持ちに変化が?

 


今週は、キアリスの映画が主体で、藍ちゃんがとても可愛いこともあって、本当にほのぼのとして見てました。

もう本当に、赤ちゃんの愛くるしい笑顔を見ていると、心洗われるというか癒やされるというか。

 

赤ちゃんとお母さん-べっぴんさんの感想

明美さんから「死んだ魚の眼をしている」なんて辛辣なことを言われた栄輔も、藍ちゃんの笑顔と映画というものづくりに携わったことで、本来の栄輔さんらしさが戻ってきたような気がします。。

まあ、その分、ものすごく張り切っていた監督の紀夫さんの出番が、少なくなってしまって気の毒なのですが・・・

栄輔さんの会社エースの破産って、栄輔さんが健太郎くんに「踊らされるなよ」と忠告したように、自身が招いたものというより、KADOSHOに利用されて挙句の果てに捨てられた感がありますよね。

もちろん、ビジネスの世界ですから、「食うか食われるか?」で、負けたほうが悪いということもあるのですが、商売って良い時も悪い時もある、と考えれば、良いときにはホイホイ投資し、落ち目になったら即資金打ち切り、というやり方はどうなのか?と。

もともと、カドショーの古門社長にとって、投資したり提携する会社はひとつの「コマ」に過ぎなくて、長い目で見て「育てる」という気はないのでしょう。

潔は違いますよね。

じっくり腰を据えた営業方針を貫き、栄輔が持ってきた甘い話にも乗らずに、逆に突っ走りすぎている栄輔を心配までしていましたから。

破産後も、栄輔と「偶然に大阪で会った」と家に連れてきていましたが、苦労して探し回ったのは明白で、半ば強引に連れてきたのでしょう。

闇市で兄弟のように接していた栄輔だから、身内のように心配して当然と思う方もいらっしゃるでしょうが、突然居なくなって、いきなりライバル店をひっさげて自分の前に立ちはだかったのです。

心の狭い人間だったら、怒り心頭で付き合うことも止めているかも。

その点、潔もゆりも懐の深い人なんだな、ということがわかります。

潔が栄輔に「頼ってくれ」と言った時は、感動して涙が出てしまいましたよ。

ただ、栄輔も、ポケットに手を突っ込んで粋がっては居ましたが、潔や周りの人達への感謝の気持ちは持ち続けていたはずです。

だからこそ、みんなが手を差し伸べているんですよね。

周りの人達と言えば、明美との関係も気になるところ。

 

スポンサードリンク

 


映画の撮影で急接近か?と思われた栄輔と明美ですが、今日もお互い去りがたい思いで話をするシーンが印象的でした。

「ちゃんと生きていれば良いところに流れ着く」という明美の言葉は、今の栄輔には必要な助言なんだと思うし、もうふたりで結婚しちゃえば、なんて思ってしまいます。

とは言え、栄輔にはまだそこまでの気持ちの余裕は無いはずだから、すぐにどうこう、ということにはならないでしょう。

もしかしたら、このまま付かず離れずの関係が良いのかも。

二人が結ばれることを期待しつつ、見守っていきたいと思います。

映画と言えば、この撮影で、健太郎の考え方も変わってきているような。

お母さんたちがどういう思いでキアリスを立ち上げたのか?自分が子供の頃に、どれだけ苦労して育ててもらったのか?ということを肌で感じたからこそ、ですよね。

プラス、栄輔さんの助言が効いてくるのかと。

若い時って、どうしてもやりたいことがたくさんありすぎて、突っ走ってしまうことがあるのですが、こうして、原点に戻って考える時間って、とても大切ですよね。

きっと良い方向に行くんだろうな、と思います。

ゆりも職場復帰を決意したし、栄輔もオライオンの紳士服部門復活で(史実では「ダーバン(D'URBAN)」になるのかな?)力を発揮できる場も与えられたし、で、それぞれまた前進していくんですよね。

最終回近くなって、こういう話が盛り込まれると、なんだかホッとします。
 

 

 

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:べっぴんさん
スポンサードリンク

お気に入りサイト

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode