スポンサードリンク
Home >> ひよっこ >> ひよっこ、出演シーン無いのにヤスハルが目立ってた!
Page: 1/749   >>

ひよっこ、出演シーン無いのにヤスハルが目立ってた!

JUGEMテーマ:ひよっこ

 


いやー、なんだか、ずっと感想書くのをサボっていましたが・・・

ほぼ毎日見てはいたんですけど、書こうと思うと、先に同じようなネタを書かれてしまい・・・なんて、言い訳はこれくらいにして。

もう、今日の放送を見たら、書かずには居られませんでした。

あの赤坂の温かい人達、サイコーです!

鈴ふり亭の宮本信子さん扮する鈴子さんと、佐々木蔵之介扮するシェフ親子の温かさは、美代子さんが上京した時に、上野駅で始発が来るまで付き合ってくれたことでわかりましたけど。

あのシーンも良かったけど、マスコミに囲まれて傷心の世津子さんを、餃子パーティーでもてなす中華店夫婦や、あかね荘の人たちが、もう良い人過ぎて、感動してしまいましたよ。

幼いころに両親を無くし、叔父叔母に育てられて、ひょんなことから芸能界入りした世津子さん。

悲しいことに、娘同然に面倒見てくれていたであろう叔父夫婦も、売れっ子になった姪が大金を稼ぐようになって、すっかり金の亡者になってしまったんですね。

芸能界は競争社会だし、いつも気を張って生活していたんだろうなー、と思うと、突然ふらっと現れた、みね子の父親は、天使のような存在だったんだろうなと思います。

で、図らずも、今回叔父夫婦のせいでマスコミに追われるようになった世津子を助けたのがみね子。

なんだか、不思議な糸でつながっていたのでは?と思わずにはいられません。

しかし、今回の世津子さん脱出作戦で、もっとも重要な役目を担っていたのが、ヤスハルですよね。

確かに、みね子も、世津子さんを説得し、出前のおかもちを持ったまま一緒に走るというのは、とても大変だったと思います。

ヒデくんも、「肩幅広い」と豪語していただけあって、記者に扮して芝居をするとともに、最後までみんなを肩で押して止めようとしていました。

ただ、ヤスハルの扱いが酷い!

ヤスハル-ひよっこの感想

みんなの注目を集めるために、歌は歌わなきゃいけないし、屋台を押してかき氷を作らないといけない。

しかも、無料で配ると行ったからには、結構たくさんの人が集まってしまったでしょう。

来たお客もさばかないといけないし、かき氷の材料費は?

近所から苦情は来なかったの?

と考えたら、完全に貧乏くじを引いてしまい、しかも、一番の立役者であるのに、本人は最後まで映らないし。

みね子とヒデが「あっ、ヤスハル!」と気がつくのに、なんとなく「任せろって言ってたから、まっ、いいか」ってなってしまっているし。

最後に、屋台がガラガラっと崩れる音がしましたが、ヤスハルは無事なのか?気になります。

こんなに雑な扱いなのに、なんとなく視聴者も「ヤスハルだから」と思ってしまうところが、非常に気の毒で。

「由香ちゃんと幸せになって」と願わずには居られません。

今更ですが、ヤスハル役の古舘佑太郎さんは古舘伊知郎さんの息子さんで、よく見るとかなりのイケメンです。

「The SALOVERS(ザ・サラバーズ)」というバンド活動をされていたので、劇中でもギターを持って歌うシーンが多いんですね。

通りで「歌上手い」なんて失礼なことを思っていました。

俳優さんとしてもすでに活躍されているのですが、今回の役でまた新境地を開いた感じでは無いでしょうか?

最初は、「和菓子屋だけどあんこが嫌い」とかただの不機嫌キャラなのか?と思っていましたが、なさぬ仲の三宅裕司さん扮するお父さんにも、反発するだけじゃなく、愛情も感じますしね。

もうすぐ最終回だけど、何か良いことがありますように。

あっ、川本世津子さんも、大スターにはなれたけど、人間関係ではあまり恵まれていないようなので、これからは幸せに暮らして欲しいです。

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:ひよっこ
Home >> ひよっこ >> ひよっこ、お父さん(実)は今どこに?宗男の電報の意味は?

ひよっこ、お父さん(実)は今どこに?宗男の電報の意味は?

JUGEMテーマ:ひよっこ

 


きのう、突然みね子の元にやってきた綿引さん。

警察官を辞めて田舎に帰っていても、同僚に「みね子のお父さん探し」を頼んでいたのですね。

本当に律儀と言うか、良い人だなあー、と。

みね子にも淡い恋愛感情はあるのかな?とも思いますが、それよりも名前の通り「正義感」からなんでしょう。

一度「僕が見つける」と言った以上、どうしても見つけてあげたい、という気持ちなんだと思いますよ。

 

綿引さん-ひよっこの感想

綿引さんは、美代子が一生懸命実を探す姿と、「イバラキです。」と言い直す郷土に対する誇り、そして「蒸発者を探してくれと言っているのではなく、谷田部実というひとりの人間を探してくれと言っているのです。」と言う大事な家族の名誉を守る勇気に、心動かされたんですよね。

そういう意味では、時代と闘う気持ちもあったのかな?

とにかく、お父さんの消息がわかることがあれば、それは綿引さんが教えてくれるはず、というのはどこかで思っていました。

そして、ついに、その時が来たということですね。

ただ、残念なことに、実さんの消息はわかりませんでしたが、どうして居なくなったのか?という理由はわかりました。

みね子にとっては、非常にショッキングな内容でしたが、少なくとも出稼ぎや家族のことが嫌になって居なくなったのではない、ということははっきりしましたね。

ネットでも、実さん記憶喪失案が有力ではないか?という意見が多いのですが、スリに棒で殴られたということですから、それは十分に考えられます。

その後、現場からすぐに立ち去っていたということは、傷は大したこと無かったのかな?

誰か親切な人に助けられた?ということも考えられますが、その時に声をかけた人が悪人で、記憶を失った実が犯罪に巻き込まれていたとか?

いや、朝ドラだから、そこまでの展開は無いと思いますが。

とにかく、見つかっても、家族のもとにすぐには帰れない状況であることは確かですが、最悪の状態ではないことを祈りましょう。

ところで、今日の展開は予想外でしたね。

ただ、あかね荘の人たちのそれぞれ自分なりの思いやりが出ていて良かったなー。

早苗が怒っているのは、結局は「水くさい」ということでしょう?

もしかしたら、みね子が越してきて早苗が一番うれしかったのかも。

常に不機嫌そうな彼女に、少しびくびくしながらも寄ってきて話しかけてくれる人なんて、今まで居なかったんだろうな、と思うんですよ。

島谷さんや漫画家さんたちも、「おっかないお姉さん」と距離を置いてきて、今まで一緒に食事することなんて無かったと思うから。

せっかくみんなで仲良くなれたと思ったのに、なんて、早苗さんって思いっきり乙女だったんですね。

 

スポンサードリンク

 


だけど、みね子にとっても、今まで通りのやり方で接してくれたからこそ、父親のことを話せるようになったのかもしれません。

あれだけ話せば、胸につかえていたものも少しは取れたはず。

それにしても、漫画家さんたちは、みね子の話よりも焼きうどんの方に気が行っていたのが、なんだか微笑ましいような気もしましたが。

そんな早苗の反応の上を行くのが、やっぱりぶっ飛んでいる宗男おじさんです。

実のことを心配しながらも、やっぱり頭の中にはビートルズしか無かったわけで。

新聞で見たのは、ビートルズ初来日の武道館公演、という記事だったのでしょう。

夢にまで見たビートルズが日本に来るのですから、喜ぶのはわかるのですが、この局面でみね子に電報を打つとは!

てっきり、お父さんの身に何かが?と思ってしまいましたから。

ただ、この騒動で、宗男おじさんに振り回されるであろうみね子が、少しでもお父さんのことを忘れて一緒に楽しめたら、とは思うんですけどね。

 

 

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:ひよっこ
Home >> バラエティー >> がっちりマンデー!!で紹介されていた犬が瞬時におとなしくなる魔法の商品は?

がっちりマンデー!!で紹介されていた犬が瞬時におとなしくなる魔法の商品は?

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 


がっちりマンデー見てました。

これだけ便利な世の中になっても、まだまだ開発できる商品があるんですね。

まあ、日々業界のみなさんも、研究開発に余念がないわけですから、びっくりするようなものが登場するわけですが・・・

その中でも、テクノロジーの進歩に関係無く、「ワンちゃんのツボを刺激する」という商品に心惹かれました。

確かに、うちの犬も、普段はおとなしいのですが、「水をかけられるのが嫌でシャンプーの時に暴れる」「人が大好き過ぎて、初めての人に触られると興奮して吠えてしまう」「猫を天敵と思っているので、近づくだけでも恐ろしく吠える」という問題点があるのです。

普段めったに吠えないだけに、ご近所迷惑も考えると、なんとかしたいなーと。

それでも、体に害が無いとは言え、電気を使った首輪みたいなの?は抵抗があったんですよね。

心静めるアロマとか試したり、「欲求不満でストレスが溜まっているのでは?」と散歩に行く回数を増やしたり、時間がある時は遊んであげるようにしたり。

それはそれで効果はあったし、根本的な原因を考えると、日頃の習慣を見直した方がいいんですけど。

「今日はおとなしくして欲しい」という時に限って、ハイテンションだったりということはあります。

そういう「ほんの少しでいいからおとなしくしてて」というシーンで、ものすごく役に立ちそうですよね。

展示場でも、その場の雰囲気に興奮してしまい吠えまくっていたワンちゃんが、この輪っかをはめるだけで、一瞬にしておとなしくなっていましたし。

これって、動物病院に連れていく時にも役に立つな、と思いました。

どうしても、「嫌なことされる」ということがインプットされているので、診察台に乗せるだけでも一苦労。

注射をしようとすれば、逃げ回るという始末。

お医者さんも助手の方も慣れているので大丈夫なのですが、飼い主としては「この時だけはおとなしくしてて」と祈るような気持ちになります。

特に怪我をしたり皮膚病の治療の時に、薬を塗る時とかにも役立ちそう。

開発したのがトリマーさん、ということで、「どうしたら自然にそして瞬時におとなしくなってくれるか?」を研究されたんでしょうね。

トリマーさんも、獣医さんと同じく、大人しくしてくれないと、怪我にもつながるし身の危険を感じることだってあるでしょう。

まだ売り出し前ということですが、これは一気にうれること間違い無し!

うちも買う気マンマンです。

こちらで予約できますよ↓

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:バラエティー
スポンサードリンク

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode