スポンサードリンク
Home >> べっぴんさん >> べっぴんさん、さくらにイライラ?龍ちゃんが被っていた帽子は?
Page: 1/743   >>

べっぴんさん、さくらにイライラ?龍ちゃんが被っていた帽子は?

 


べっぴんさん、ここに来て、反抗期よりもさくらの言動にイライラする、という方が非常にに多くてびっくり。

まあ、気持ちはわからなくも無いんですけどね。

まず、入社試験で、中西人事部長に頼んで一次試験をパスするって、もうありえないですから。

しかも、健太郎くんまで巻き込んで・・・

二人は、大学から東京に行って、アメリカでもずっと近くに居たみたいで、付き合っている様子。

 

アメリカ留学-べっぴんさんの感想

健ちゃんは、さくらが初恋の人だし、もうメロメロになってしまうのはわかるのですが、あの頭の良い健ちゃんはどうしたの?というくらい、すでにさくらの尻に敷かれていますよね。

とは言え、自分の意見はしっかり持っているみたいだし、キアリスで働くことへの意欲も十分みたいだから良いのですが。

私は、本来気性が激しい子なんだけど、気持ちを表現するのが下手なので、どうしても友達ができず、わがままな感じになってしまうのかな?と思っていたのですが・・・

健太郎に対する「男らしいところを見せて」とか、二人で研修の愚痴を言っていた(主にさくら)ところを、同じ新人の阿部くんに叱責されて、健太郎が素直に謝ったのに、さくらは「健ちゃん良かったね」と他人事にするところとか。

もう、「アメリカで性悪女になってしまったの?さくら?」と思わずにはいられません。

今日の、大事な審査会に遅れてきた理由も、「考えがまとまらなくて形にできなかった」ということ。

お母さんのすみれが「仕事を舐めてるの?辞めてもらって結構」と言ったのは、厳しいというよりも、当たり前な気がしましたね。

そんなすみれも、「さくら」って呼んでたし。

うーん。

ただ、救いなのが、「ごめんなさい」とか思いっきり子供っぽい謝り方ではあったけど、本当に反省していて、自分の不甲斐なさを悔いているように見えたこと。

仕事に対する熱意は感じられるけど、それよりもまず社会人としての有り方を学ばないとね。

 

スポンサードリンク

 


と、ここまで書いて、さくらはデザイナーを目指しているということを考えると、クリエイティブな分野以外のことには欠けている女性なのかもしれない、と思ったんですよ。

アーティストと呼ばれる人って、才能がある人に限って、性格があまり良くなかったり、日常生活に支障があるくらいできないことがあったりしますよね。

もしかしたら、さくらもそういったところがあるのかな?

すみれも、刺繍をしている時やアイデアが浮かぶ時には、他のことは頭から消えてしまい、没頭するところがありますから、ここは母娘というべきか?

こういった人を、無理やり型にはめてしまったら、才能が枯れてしまうこともありますから。

だけど、会社に勤める以上は、そのままでは他の社員とうまくやっていくことはできません。

ただでさえ、縁故採用ということで、白い目で見られているのですから。

今の状態だと、私としても、さくらを応援したい気持ちにはならないのだけど、ここで、一度鼻をへし折られて、少しづつ成長してくれることを願います。

もともとは良い子なんだと思うし。

で、良い子といえば、小さい時から手がかかって、三人の中では問題児だった龍ちゃんが、久しぶりに戻ってきましたね。

しかも、婚約者を連れて。

婚約者の女性が、これまた当時流行りのヒッピーで、かるーい感じの女の子でしたが、良子ちゃんは、うまくやっていけるのか?

喫茶店のマスターになって「あるよ」の台詞も聞けたことに満足した、夫の勝二さんは、絶対許さないだろうな、と思うし。

小澤家が大変なことになりそうで心配。

あっ、竜ちゃんが被っていた帽子は、当時流行ったチューリップハットだそうです。

ドラマかなんかで見たことはあったけど、今でもその名前で売られているんですね。

 

【訳あり】1000円ポッキリ 帽子 チューリップハット HAT-239-WH シンプル 日よけ 紫外線対策 レース付き 小顔効果 ホワイト 白 春 夏 秋 冬

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:べっぴんさん
Home >> べっぴんさん >> べっぴんさん、さくらと健太郎は採用される?京大卒の土田(諸岡)は?

べっぴんさん、さくらと健太郎は採用される?京大卒の土田(諸岡)は?

 


キアリスの入社試験、なんだか思わぬ方向に行きそうですね。

というか、もともとは、女学校時代の仲良し3人組と幼少期から知っていた明美さんの4人で始めた会社なのだから、縁故採用は当たり前なのかと思っていたけど。

まあ、紀夫さんの「縁故採用するには、会社が大きくなりすぎた」というのも一理ありますが・・・

それに、今回はすみれの正論に賛成です。

中西人事部長に頼み込んで、書類選考をパスしたり、最終選考に無理やり入れてもらったり。

そんな不正をするような人材は、いくら優秀であっても要らないというのは、もっともな意見です。

むしろ、自分の子どもを特別扱いしない姿勢に、プロ意識を感じましたけど。

健太郎とさくらに立場に立って考えれば、「まともにぶつかっても取り合ってもらえないから」という理由で、いきなり面接試験を受けて、自分たちの実力をみてもらいたい、いうこともあるのでしょうが。

それなら、お互いの家庭で、もうちょっと話し合えなかったのかな?

健太郎が、子供の頃から家が作業場になっていて、嫌なこともあったけど、キアリスの商品のことも母親の仕事についても敬意を払っていた、ということ。

これって、直接、進路を希望する時に言えなかったのかな?と。

それとも、アメリカに行っていたふたりだからこそ、大胆な手段に出た、ということか?

正直、少し違和感は感じるんですよね。

 

スポンサードリンク

 


やっぱり、さくらちゃんに振り回されているだけ?とは思いたくないのですが、どうしてもそんな感じが拭い去れなくて。

まあ、「自分のやりたいこと」なんて、なかなか見つからないもの。

勉強ができるから、みんなが京大に行けというので目指しただけで、さくらが東京に行くのなら東大に進みたい。

大学に進んでみたら、勉強は楽しかったから、そのままアメリカで勉強を続けてみたけど・・・

 



結局、自分やりたいことって考えた時に、小さい時から見ていた母親の仕事が目の前に広がった、ということなのかもしれません。

そこは、さくらちゃんと完全に考えが一致した点でしょう。

とは言え、主導権はさくらちゃんが握っているのは間違い無しですけどね。

で、結局、最後に残った合格者3人のうち、2人がさくらちゃんと健太郎くんで、もうひとりが、学生の時に洋品店でバイトをしていたアベくんでした。

なら、あの京大卒のちょっとめんどくさそうな土田くんは?

武ちゃんが推してましたけど。

あの土田くん、全然雰囲気は違うけど、「ごちそうさん」で、め以子の長女フクに惚れられる諸岡くん役をされていた中山義紘さんですよね。

諸岡くんのキャラは好きだったなー。

本当に真面目で優しそうで、力強くて。

今回は、京大卒で理屈屋という感じですが、なんと、あの履歴書には、真田幸村への愛が数ページに渡って書かれていたそうですよ。

どんなキャラなのか?非常に興味がありますが。

また、登場してくれないですかね?

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:べっぴんさん
Home >> べっぴんさん >> べっぴんさん、武ちゃんの見合い相手はあの戦士?紀夫の無茶振りが・・・

べっぴんさん、武ちゃんの見合い相手はあの戦士?紀夫の無茶振りが・・・

 


今日のべっぴんさんも盛り沢山。

武ちゃんついにお見合いを決心、明美の武への想い、さくらと健太郎の受験、栄輔が東京に進出、悦子と小山夫妻の馴れ初めなどなど・・・

どうしても、最終回が近くなってくると、話がいろいろと詰まってくる気がします。

初回からほぼ見ている私としては、それぞれの登場人物の人柄まで把握しているので、ついていけるのですが、時々、あるいはたまーにしか見ない、という方にとってはめまぐるしいかも。

そんな中でも、武ちゃんのお見合い話に時間をさくのは、ずーっとまじめに勤め上げ、部長になった今でも裏方仕事や力仕事も率先してやっている武ちゃんが、愛されキャラだからでしょうね。

明美さんへの恋心も、ずっとずっと封印してきたつもりだけど、「結婚」という言葉を周囲から言われ始めた年齢になって、改めて「この人しか居ない」と思ったんでしょう。

切ない切ない片思い。

明美さんも、人の心がわかりすぎるくらいわかる女性ですから、武ちゃんの気持ちはわかっていんだろうなー。

それでも、弟のような存在として愛情はかけていたと思うけど、異性としては見られなかった。

その上、「身内が亡くなることの恐怖心から、家族を持つことを拒否している」自分が居る、ということ。

きっと、優しい明美さんのことだから、武ちゃんの気持ちに答えられない自分を責めることもあったのかも。

そういった思いが、あのお見合いの席での「メモ読み上げ」に繋がったんですね。

 

お見合い-べっぴんさんの感想

明美さんって、愛情あふれる女性だと思うけど、それを表に出すのは大嫌いで、常にクールで一歩引いて見ている感じ。

前にすみれに言っていた「淡々と」という言葉を地で行くように、たんたんとメモに書いた武ちゃんの良いところを読み上げるシーンでは、我が子の門出を見送るような物悲しさも感じます。

明美にとっても、武は心の支えであったことに間違えなかったんですね。

メモを読み終えたら、さっさと席を後にする明美がカッコイイのですが、その後の紀夫さんの無茶振りが・・・

歌も上手だと言われた武ちゃんに「うたってさしあげろ」とは。

またしても紀夫さんワールド炸裂で、笑ってしまいました。

この後、本当に歌ったんでしょうかね?

で、今日のキーパーソンとも言えるお見合い相手は鎮西寿々歌さんでした。

『天才てれびくんMAX』や『大!天才てれびくん』で、てれび戦士として活躍していた女の子です。

「懐かしい」という方もいらっしゃるようですが、1998年生まれの18歳。

ドラマでの年齢設定も同じくらい?

だとしたら、15歳からキアリスで働いている武が今25か26歳?だとすると、ちょうど良いのかな?

可愛らしいし、同郷だし、境遇も似ていて、まさにお似合いのカップルですね。

お互い、人見知りみたいだから、打ち解けるまでには時間がかかりそうだけど、素敵な夫婦になりそうです。

明美さんも、やっぱり寂しくなるのでしょう。

 

スポンサードリンク

 


いや、栄輔さんは?

こちらも同じ境遇で、なんとなくお似合いな気がするのですが・・・

だけど、栄輔率いるエースが東京に進出、ということになれば、離れ離れになるのかな?

それとも、神戸と行ったり来たりになるのか?わかりませんが。

明美さんにも幸せになってもらいたい私としては、栄輔さんと結ばれと欲しいですけど。

あっ、健太郎くんの「東大に行きたい」という気持ちも、今日ははっきりさくらに言いましたね。

もしかして、「東大に勉強したい科がある」というのは口実で、さくらが東京に行くから一緒に行きたいのでは?と勘ぐってしまいます。

だって、あれだけさくらちゃんのことを心配していましたから。

こちらは、幼なじみから妹のような存在になり、恋心に変わったのかも。

ただ、ここで「東京に行きたい」と思っているのは、あくまでも「さくらちゃんが心配だから」なんだろうな、と思うと、切ないですけどね。

それにしても、進学先を京大か東大か?悩むなんて、優秀過ぎるでしょう、健ちゃん。
 

 

 

 

jouhoushoukai | - | - | pookmark | category:べっぴんさん
スポンサードリンク

お気に入りサイト

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode